漢字語彙学習における意味推測ストラテジー指導の効果ーモンゴルの日本語学習者を対象にー

Зохиогч:  У.Цэцэгдулам

Хамтран зохиогч:

Үйл явц: Бичиж хэвлүүлсэн

Бүтээлийн товч тайлбар:

論文要旨

 本論文では、漢字語彙の学習を取り上げ、教室において意味推測ストラテジー指導を行うことが、どのような効果をもたらすのかを論じる。対象とする学習者は筆者の母国であるモンゴルの学習者である。モンゴルという一国の日本語学習者を対象とするが、本研究における知見が他の非漢字圏日本語学習者に対する漢字語彙学習を考える上でも重要な意味を持つものと考える。

モンゴルにおける漢字語彙教育の現状分析の結果、モンゴルの大学では、漢字の書き順、読み、意味の理解の指導に重点を置いているため、この項目に関する処理能力には効果をあげているが、文脈の中での漢字語彙の使い方には重点を置いてこなかったため、学習者の文脈処理能力には効果をあげていないことが明らかになった。また、新しい漢字語彙の知識を学習者が自分の力で学びとれるよう、効果的なストラテジー指導も行われていないという問題が浮き彫りになった。本研究で指導を試みようとしている意味推測ストラテジーに関する先行研究では、英語の語彙の習得において、意味推測ストラテジー指導がある程度効果があること(Fraser1999)、漢字語彙の意味推測実験の結果、漢字熟語を構成する既知漢字と文脈の情報を組み合わせた場合、より正確な意味推測ができること(Mori & Nagy 1999)が明らかになっている。しかし一方で漢字語彙の学習に関して意味推測ストラテジーの指導の効果をみたものがないことも分かった。

上述した結果を踏まえて、本研究では、モンゴルの初級日本語学習者を対象に文脈の中で既有知識を活用して、未知漢字語彙の意味を推測するという意味推測ストラテジーを指導し、その効果を検証することを目的とし、以下の3つの研究課題を設定した。


【研究Ⅰ】意味推測ストラテジー指導が学習者の意味推測ストラテジー使用、意味推測の正確さにどのような影響を与えるか?

【研究Ⅱ】意味推測ストラテジー指導が学習者の学習ストラテジー使用の意識にどのような影響を与えるか?

【研究Ⅲ】意味推測ストラテジー指導が学習者の日本語能力全般にどのような影響を与えるか?

研究対象者は、モンゴルの大学で日本語を専攻とする初級レベルの36名である。対象者を従来群18名と、実験群18名に分け、各9か月間60回(190分)の指導を行った。従来群は、20089月から20095月まで、従来方式による教師の説明中心の漢字語彙指導を受けた。実験群は、20099月から20105月まで、意味推測ストラテジー指導を受けた。

意味推測ストラテジー指導は、教師の新出漢字に関する説明に先立って、短文、またはまとまったテキストの文脈、学習者の既知漢字、背景知識、未知漢字語彙の情報などの推測手がかりを用いて、その意味を推測するという活動である。この意味推測活動には、仲間同士で話し合うピア活動も取り入れた。本研究では、以下のことが明らかになった。


Thesis Abstract 


In this thesis, focusing attention to the study of Kanji words, how the instruction of meaning inference strategies in the class make an effect is discussed. Objects of this research are the learners of Mongolia, homeland of the author. Though the Japanese language learners of Mongolia are considered as the objects, findings of this research is considered to contribute significantly to other non-kanji background learners. 


Our analysis of the current state of kanji word education in Mongolia made it clear that at Mongolian universities the emphasis on instruction in stroke order, reading and understanding of meaning has been effective within these parameters. However, with no emphasis on the use of kanji words in context, students showed no ability to process in context. In addition, our analysis highlighted the lack of effective strategy instruction to encourage students to develop their own techniques for acquiring unknown kanji words. Our research revealed that in earlier work on attempts in meaning inference strategy instruction it has been shown that such strategies are reasonably effective in the acquisition of English words (Fraser 1999). Similarly, in a meaning inference experiment with kanji words, the combination of using kanji compounds made up known kanji and information from context enabled quite accurate meaning inference (Mori & Nagy 1999). However, we also discovered that no one had looked at the effectiveness of meaning inference strategy instruction in the acquisition of kanji words.

 

Referencing the above-mentioned results, in this research we implemented a meaning inference strategy, which focused on Mongolian students of Japanese in which they utilized the existing knowledge of context to infer the meaning of unknown kanji words. Our purpose was to examine the results against the three following research themes.


Хэвлүүлсэн газар: GRIPS

Хэвлүүлсэн огноо: 2012/03/12

Хуудасний тоо: 151

Түлхүүр үг: #Meaning Inference Strategy #Language Processing #Knowledge sources #Non-kanji backgrounds #モンゴルの日本語学習者、非漢字圏、意味推測ストラテジー、手がかり、言語処理Mongolian Japanese Language Students


Бүтээл нэмсэн:У.Цэцэгдулам

Монгол Улсын Шинжлэх Ухаан Технологийн Их Сургууль © 2019